恐ろしい骨の病気|骨肉腫の特徴を事前に知っておこう

子供の重大な病気を知る

筋肉痛ではないことも

困る人

少年たちには大きな夢があり、たとえばプロのサッカー選手などになりたいという希望を抱いている少年も多く、彼らは毎日必死に練習に励んでいます。何もサッカー少年に限ったことではないけれど、このように日々、自分の夢に向けて練習している少年は他にもたくさんいます。ですから、ときに足や腕の筋肉や関節を痛めてしまうこともあり、そういうときは家で湿布などを貼って治してしまおうとするのが常でしょう。しかし、ここで大きな過ちを犯してしまう恐れもあることを、実は多くの人たちは気付かないでいる場合も本当に多いのです。重大な可能性から話を進めますと、少年期、特に10代から20代にかけての時期に起こりやすい病気の一つに骨肉腫というものがあります。骨肉腫は骨の癌とも言われているように、かなり重大な病気なのですが、その初期段階ではそれと気づかないケースがほとんどなのです。確かに痛みはあるのですが、それは我慢できないようなものではなく、普通の筋肉痛などと同じような痛みなので、スポーツをしている少年たちにはそれが骨肉腫の初期症状であることは分からないことが多いです。この病気にかかる部位ですが、大概が足や腕の関節付近で、ここに軽い痛みや腫れが起き、そしてときには熱を帯びることもあります。こうした骨肉腫の治療で行われているのは外科療法と化学療法というものが一般的で、他には放射線療法というものもあるのですが、これは効果が薄いということもあり、あくまでも補助的な意味で行われる場合が多いです。骨肉腫を完治させるためには腫瘍ができた部分の骨を手術して切除することになり、そのために昔ならば足や腕を失ってしまうことになっていましたが、現在では人工骨や骨を移植することができます。

その対策として

相談

日本人の死亡要因の一つに癌があります。現代においては日本人の二人に一人が癌になると言われています。一方、医療技術の向上で昔は死の病だと思われていた癌は、今では治る病気となっています。保険に加入して、もしもの時に備えている人もたくさんいるでしょう。癌は身体のどこにでも発生する可能性があります。内臓だけでなく、脳や血液、骨までも癌に侵されます。骨の癌として有名なのは骨肉腫です。癌患者が身近にいても骨肉腫は聞いたことがないという人もいるかもしれません。骨肉腫は若年層に多い病気ではありますが、誰でも罹患する可能性はあります。初期症状を知っておくと病気を早く察知し、病院に行って重症化する前に適切な治療を受けることができます。骨肉腫を疑う症状としては、痛みが挙げられます。痛みの他に腫れなどの症状が出ることもあります。どんな病気でも、初期症状に気付かなかったり、少し気になる程度かもしれません。成長痛やスポーツに伴う痛みだと判断する方もいます。そのうち治るという自己判断をして放置し、重症化してしまった場合も多々あります。骨肉腫の場合も痛みなどがあっても骨肉腫を疑う人はあまりいないでしょう。気になったり、違和感があればすぐに病院に行くことが大切です。癌ですから他の臓器に転移する可能性も高いですし、骨肉腫ができた部分を切断しなければならないことも有り得ます。命が危険に晒されることもあります。骨肉腫も他の癌同様に克服している人もいます。治療に時間がかかっても全快することを諦めてはなりません。

特に症状に気を付けること

医者

どうも日本人の家庭では昔から、子供は多少の怪我は我慢することが大事、という言わば教訓のようなものがいまだに残っているところもあります。確かに転んだくらいでは手当は必要ないこともありますが、現代ではこの考えが大きな過ちになってしまうことも充分にあることは事実です。一つには骨肉腫という骨の癌ですが、これは初期段階では筋肉痛の痛みと変わらないものですから、特にスポーツをしている少年たちには気づかないことも多いのです。ところが、それを放置しておくと痛みは大きなものになり、腫れや熱も帯びることになり、やがては骨折しやすくなったりします。骨肉腫という病気は発生率こそ低いものなのですが、これが実際に体に襲いかかってくれば実に恐ろしい結果を招いてしまうことになります。その特徴は、まず10代から20代の男子に発生することが多く、初期段階では筋肉痛のような軽い痛みを感じるだけですから、スポーツなどをしている少年には気づかないこともあるのです。そして、その原因というものはまだまだ詳しく解明されていないのですが、その多くは家族からの遺伝的なものではないか、という見解が報告されています。このように本当に恐ろしい骨肉腫ですが、その治療方法には外科療法を始め、化学療法、そして放射線療法というものもありますが、多くは手術で患部を切除することになります。しかし、現代では人工の骨や関節なども開発されていますから、これを利用することで、昔のように足や腕を完全に失うことは避けられます。骨肉腫の改善方法というものは、やはり気づいたら早めに骨軟部腫瘍専門の病院で検査治療をすることです。