恐ろしい骨の病気|骨肉腫の特徴を事前に知っておこう

健康な体を手に入れる

専門医の指導のもとで

お腹

日本人の肥満の割合は、男性で約3割、女性で約2割という調査結果が出ています。身近なところに美味しい食べ物が溢れ、なおかつ車や電車という便利な道具に頼りきっているため身体を動かす機会が減ってしまった現代において、肥満になる人が増えているのも無理はありません。肥満が単なる見た目だけの問題ならばそれほど気にする必要はありません。しかし、肥満を放っておくと高血圧や高血糖といった症状が現れやすくなり、さらに進行すると動脈硬化から心臓病、糖尿病などを引き起こすリスクが高まるのが現実です。太っているけど特に健康上の問題はない(自覚症状がない)と考えている人でも、身体の内側では血管がむしばまれ、徐々に病気が進行しているかもしれません。まさに万病の元ともいえる肥満を改善するには、正しいダイエットを行うことが大切です。しかし世の中には様々なダイエット方法が宣伝されていますが、効果が期待できないものも少なくありません。また、自分だけでダイエットを行うと挫折する人も多いようです。そんな時には肥満外来で専門医の指導のもと、適切な治療を受けるのも1つの方法です。肥満外来で行う治療は、血液検査や内臓脂肪、血糖値等のチェックから始まり、生活環境、食生活、精神的要因等から肥満になった原因を探り、本人に適した治療が行われます。治療をすればすぐに体重が落ちるというわけではありませんが、ダイエットにつきもののリバウンドの心配もなく、安全で健康的に痩せた身体を手に入れることができます。

皮下脂肪と内臓脂肪の違い

聴診器

大概、見た目で体が太っている人を肥満ということが多いですが、実はこれには目には見えない隠れた肥満というものもあるのです。見ただけではとても痩せていてスタイルもいいのに、いざ健康診断を行うと引っ掛かってしまうという人も中には少なくありません。大きく分けるとこの肥満には二通りあり、一つは体に皮下脂肪がたくさんついた状態で、もう一つは内臓脂肪がついた状態です。皮下脂肪は見た目にも明らかに太っていることが分かるのですが、内臓脂肪というものは名前通り内臓に脂肪をつくので見た感じでは分かりません。どちらの脂肪、も病気になるリスクは高いのですが、皮下脂肪よりも内蔵脂肪の方がもっとも危険な脂肪だと言われています。有名なものでは、あのメタボリックシンドロームなどがこれにあたる大きな病気と言われ、今、現代人の多くの方がこの症状で頭を抱えています。しかし、このリスクが高いと言われている内蔵脂肪ですが、肥満治療というもので改善できることが話題になっています。肥満治療を受けるには、専門の病院やクリニックへ行って検査をし、そこから生活習慣の改善に努力をしなければ何の意味もありません。こうした肥満治療をしている病院やクリニックにはいろいろと種類もあり、たとえばダイエット方法や生活習慣などを指導しているようなクリニックから、本格的な外科手術を施している病院もあります。ですからいざ肥満治療を受けようとしたときには、あらかじめ自分の症状に適したところを選ぶ必要があります。

太った体を「治す」

ナース

肥満は健康にとっても印象にとってもよくありません。太っている人は見た目だけで不摂生で不格好と言う悪印象を与えてしまいます。さらにため込んだ脂肪は糖尿病や高脂血症といった病気のリスクを高めてしまうことも判明しています。日本には至る所に食べ物を売る店があり、食事が手軽にできる環境が整っています。しかし、いくら食事に困らないからと言って自制をしなくていい理由にはなりません。太った体を元に戻すには、怠けていた分少し苦労が伴います。少し前までは痩せると言うとランニングなどで必死に体を動かしてダイエットするのが普通でしたが、現在では医療の発達により病院で手術を受けることで確実なダイエットができるようになりました。全部自力で痩せようとするよりも病院でアドバイスをもらったり治療をしてもらったりする方が安全性が高いということも魅力です。中には過剰に蓄積された脂肪により病的肥満と呼ばれる状態になってしまった人も少なからずいます。そんな人が助かるという意味でも、病院で受けられる肥満治療はとてもありがたい存在です。肥満治療を受ける人は費用と保険適応のことを知っておきましょう。肥満の治療では多くの場合保険は適応されますが、個人病院で受けるといった場合は保険が適応されないこともあります。病院によって方針が異なるため、治療を受ける前に確認しましょう。費用は保険が適応された場合で大体5千円ほどです。痩せるために専門家のサポートが欲しいと言う人は一考してみましょう。